おしりにニキビができる原因は?痛いおしりニキビの予防法と治し方

おしりにニキビができてしまうと、座るたびに痛くてつらいですよね。
場所柄、恥ずかしくて人には相談しづらい面もあります。

そのため、誰にも言えず一人で悩んでいる人は少なくありません。
いったい、おしりにニキビができる原因は何なのでしょうか?

この記事では、おしりにニキビができる原因と予防法、治し方について解説しています。
おしりにできた痛いニキビで悩んでいる人は、ぜひ参考にしてくださいね。

おしりニキビの原因は「角質化」と「ムレ」

ニキビができる主な原因は、皮脂の過剰分泌によって毛穴が詰まり、アクネ菌が繁殖するためです。

おしりの皮脂分泌は、背中やデコルテに比べると多くはありませんが、それでも体の中では分泌が多い部位です。

また、おしりはやわらかい部位だと思われがちですが、実は皮膚が分厚く、硬くなっています。

座っているときの体重は腰とおしりを中心として支えているため、おしりの皮膚が強い刺激を受けることになり、角質化してしまうのです。

角質化した皮膚は厚くなるので毛穴をふさいでしまい、アクネ菌が繁殖しやすくなります。

アクネ菌はニキビの発生に深く関係していることで有名な細菌で、ご存知の方も多いでしょう。

アクネ菌は皮脂や湿気を好むため、皮脂や汚れで詰まった毛穴は絶好の住みかとなり、繁殖を促します。

このように、おしりは皮脂の分泌が多く皮膚も厚いため、ニキビができやすい状態にある部位なのです。

また、ムレやすく、常に清潔にしておくことが難しいことも、ニキビができる原因の一つです。

皮脂の過剰分泌を防いでおしりニキビを予防!

おしりのニキビを予防するためには、ニキビの主な原因である皮脂の過剰分泌を防ぐように対策することが大切です。

脂肪分や糖分の多い食生活は、皮脂の分泌を促します。
これらを多く摂っている人は、食生活を見直して改善する必要があります。

また、仕事や家庭環境などのストレスによって男性ホルモンの分泌が増えると、皮脂が分泌されやすくなるので注意しましょう。

ストレスを溜めない、発散するように心がけて、しっかりと睡眠をとるようにしてください。

そうすることで、肌のターンオーバーが促進されて、アクネ菌が繁殖しやすくなる角質化を防ぐことにもつながります。

ムレを防ぐために下着にも気を遣いましょう。
ムレやすい素材の下着は避けて、吸汗性に優れた通気性の良い下着を穿くようにすれば、ニキビ予防になります。

また、直接おしりに触れる風呂の椅子やトイレの便座には、思った以上にばい菌が付着しているものです。

よく洗ったり拭いたりして、綺麗にしてから座るように心がけてください。

おしりニキビを治すには塗り薬、ビタミン、漢方薬が効果的!

おしりのニキビを治すにはゲンタシン、ダラシン、アクロマイシン、アクアチムといった殺菌作用の高い塗り薬が効果的です。

これらには抗生物質が入っているため、アレルギーを持っている人は医師に相談のうえで使用するようにしてください。

症状が軽めのおしりニキビは、ビタミンを摂取することで改善される場合があります。

ビタミンA、C、E、B2といったビタミンを摂取することで血行が良くなり、皮脂の分泌腺の働きを正常にする効果が期待できます。

野菜や乳製品、レバーといった食材にはビタミンが多く含まれているので、これらを積極的に摂るような食生活を心がけましょう。
手軽に摂取したい人はビタミン剤がおすすめです。

また、漢方薬を飲むことで、ホルモンバランスを整えたり、皮膚の免疫力を高めたりする効果が期待できます。

もともと体が持っている治癒力をアップしてくれるため、ニキビを治すとともに、ニキビができにくい体作りにもつながります。

皮脂の過剰分泌を防いでおしりニキビを改善♪

おしりにニキビができる原因は「角質化」と「ムレ」なので、これらを防ぐことが大切です。
もちろん、そもそもの原因である皮脂の過剰分泌を防ぐ必要があります。

脂肪分や糖分の多い食生活を改善し、ストレスを溜めないように心がけましょう。
下着にも気を遣い、おしりを清潔に保つようにしてください。

殺菌作用の高い塗り薬の使用やビタミン摂取、漢方薬の服用といった方法で、おしりニキビの改善が期待できます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です